マンU行き確定のテン・ハーグが見つけた最後の有望株? アヤックス・アカデミー出身の19歳を2戦連続でスタメン起用

アヤックス期待のレフティだ photo/Getty Images

テン・ハーグ監督の期待に応えているケネス・テイラー

オランダの名門アヤックスはライバルのPSVを抑え、現在リーグ戦の首位を走る。しかしチームを率いるエリック・テン・ハーグ監督は来季からのマンチェスター・ユナイテッド就任が決まった。そんな折に19歳のアヤックス・アカデミー出身MFが2試合連続でスタメン出場を果たしている。

アヤックス・アカデミーと言えば、数々の名選手を生み出してきたことで有名だ。レジェンドで言えば、ヨハン・クライフやマルコ・ファン・バステン、フランク・ライカールト、デニス・ベルカンプといった選手を輩出。現役ではフレンキー・デ・ヨングやマタイス・デ・リフト、ドニー・ファン・デ・ベークといった世界のトップリーグで活躍する選手たちを育ててきた。

そういった選手たちに肩を並べようとしている若手の一人が19歳のケネス・テイラーだ。彼は2020年12月にトップチームデビューを果たした選手。今シーズンはリザーブチームでの戦いを中心に、トップチームでもここまで10試合に出場。インサイドハーフやセンターハーフのポジションでプレイメーカーとして起用され、先発2試合目となった直近のズウォレ戦ではアシストも記録した。

現在のアヤックスはリーグ首位を走っているものの、2位PSVとの勝ち点差は4。残り3試合でライバルクラブに逆転優勝を許してしまう可能性もある。そんな状況にありながらテン・ハーグ監督はテイラーを中盤で先発起用するようになった。

スペイン『AS』によれば、フレンキー・デ・ヨングやラセ・シェーネ以来となるボール扱いの上手いミッドフィルダーとして、テン・ハーグ監督がテイラーに期待を寄せているのではないか、という見解を現地のコメンテーターたちが示しているようだ。テン・ハーグ監督はクラブを去る前に、自らが認める才能を世に知らしめておこうとしている可能性もある。

テン・ハーグ監督の先発起用に対し、テイラーは目に見える結果で応えてみせた。監督が変わる来シーズン以降もトップチームで試合に出場するために、残りの3試合でさらなる結果を残しておきたいところだ。アヤックス・アカデミー出身のブランド力も踏まえ、ケネス・テイラーの名前を覚えておいて損はないかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ