“最高バージョン”の鎌田大地が必要だ ドイツも日本も求める2列目の魔術師完全復活

フランクフルトの中心となるべき鎌田 photo/Getty Images

やはりフランクフルトにとって特別な選手

0-1で敗れた失意のケルン戦からフランクフルトはどう立ち直ればいいのか。26日には王者バイエルンをホームに迎える予定となっており、実力的にも劣勢になるのは明らかだ。

その中でも何とか勝ち点をゲットしたいところだが、フランクフルトに必要な要素は決まっている。悩める日本代表MF鎌田大地の創造性である。

現在フランクフルトを指揮するオリバー・グラスナーと鎌田の相性はそこまで良いとは言えないだろう。特に先日のケルン戦でグラスナーは鎌田に怒りの途中交代を命じており、この行動はドイツでも大きな議論を呼んでいる。

確かに今季の鎌田はここまでリーグ戦2得点1アシストと波に乗り切れていない。それは事実だが、独『Hessenschau』はフランクフルトが上位を目指すうえで鎌田は欠かせない存在だと主張する。今のフランクフルトには2列目から違いを作るチャンスメイカーが不足しているのだ。

「アイントラハトは緊急的にトップフォームの鎌田を必要としている。チームは2列目に鎌田のようなタイプの選手を抱えていない。好調時の鎌田は1回の攻撃アクションでゲームを決めることができる。それが今のチームに欠けているものだ」

同メディアはこう伝えているが、鎌田のフォームさえ戻ればフランクフルトは再び上位を目指せるのではないか。そう信じるサポーターも少なくないはずで、攻撃のピースが限られているフランクフルトにおいて鎌田は非常に重要な存在だ。

バイエルン戦でグラスナーが鎌田をスタメンに含めるかは分からないが、同メディアが必要と主張する「遊び心」を持つチャンスメイカーは鎌田くらいだろう。これは日本代表にも言えることで、日本サッカー界も今年のワールドカップへ最高の鎌田大地を必要としている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ