アリソンやノイアーも超える“スイーパーGK”? ブンデスで躍動するベテラン守護神に刮目せよ

今季ボーフムで印象的な活躍を披露しているリーマン photo/Getty Images

セーブ率もリーグ屈指の33歳GK

2021-22シーズン、ドイツ・ブンデスリーガで活躍が目立っている守護神といえば誰か。おそらく、人々が真っ先に思い浮かべるのはバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーだろう。そのほかにも、ドルトムントのグレゴール・コベルやRBライプツィヒのペテル・グラーチあたりは奮闘を見せている。

しかし、今季のブンデスで素晴らしいパフォーマンスを見せているのは、なにも強豪クラブの守護神だけではない。ここまでチームは11位だが、昇格組のボーフムで奮闘するベテランの活躍も見逃せない。

そのベテランとは、今季で33歳を迎えたGKマヌエル・リーマンだ。21-22シーズンはここまでリーグ戦21試合に出場し、ブンデスで3番目に高いセーブ率(72.9%)を記録している同選手。第5節のバイエルン・ミュンヘン戦(●0-7)など、格上相手の試合で味方の守備が崩壊した際には大量失点を喫してしまっているが、今季におけるリーマン個人のパフォーマンスは悪くない。失点数自体はそれなりに多いものの、ここまでのプレイぶりは称賛に値すると言っていいだろう。

加えて、今季のリーマンに関して注目すべき点はほかにも。実は同選手、ただゴール前に立ち塞がるシュートストッパーというだけでなく、積極的な飛び出しでもチームのピンチを救っているのだ。

データサイト『FBref』によると、ここまでに出場したリーグ戦21試合にて、リーマンがPA外で起こしたディフェンスアクションは36回。これはブンデスどころか、欧州5大リーグでプレイするGK全体でも最多の数字となっている。なお、現時点で彼に次いで2位タイにランクインしているのはリヴァプールのアリソン・ベッカーとバイエルンのノイアー(ともに35回)。積極的な飛び出しでチームのピンチを救うイメージの強いワールドクラスの守護神たちを抑え、同スタッツでリーマンがトップに立っているのは非常に興味深い事象と言っていいだろう。

そのセーブ率もさることながら、アグレッシブな飛び出しでも相手の攻撃をシャットアウトするブンデス昇格組の守護神。その果敢なプレイぶりからは今後も目が離せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ