次のB・シウバやカンセロは既に誕生している? ペップが「世界最高」と称賛するポルトガルのNEWスター

ポルトガルで評価を高めるマテウス・ヌネス photo/Getty Images

今後に期待大だ

マンチェスター・シティのベルナルド・シウバにジョアン・カンセロ、マンチェスター・ユナイテッドのブルーノ・フェルナンデスなど、プレミアリーグで活躍するポルトガル人が増えているが、今後彼らに並ぶ選手が英国に上陸するかも知れない。スポルティング・リスボンでプレイするMFマテウス・ヌネスだ。

ブラジルで生まれ、その後はポルトガルに移住し国籍取得を行ったヌネス。2019年に加わったスポルティングでは徐々に出番を得ており、今季はここまで22試合に出場して2ゴール2アシストとスタメンの座を掴んだ。

チームでは[3-4-3]のダブルボランチを任されており、CLのマンチェスター・シティ戦ではジョアン・パリーニャとコンビを組んでいる。0-5と大敗を喫することになったこの試合だが、ヌネスは中盤で輝きを放っていた。

走力で攻守に貢献できるヌネス。汗かき屋としての一面も見せながらボールコントロール技術は高く、一瞬の切り返しでシティのプレスを掻い潜り、攻撃を活性化させていた。一度だけでなく、継続してプレスを無効化しており、非常に厄介な選手であったことは間違いない。そこからのパスやドリブルでの運びは正確であり、ドリブル成功数54回はプリメイラ・リーガでリーグ3位の成績を残している。

「マテウス・ヌネスは世界で最も優れた選手の一人です」

スポルティングと対戦した試合後、英『Squawka』にこのようなコメントを残したのはシティ指揮官であるジョゼップ・グアルディオラだ。5点差の大勝となった試合だが、内容的にはそこまで両チームに差はなく、スポルティングではヌネスの存在は光っていた。

英『The Sun』によればヌネスにはニューカッスル、ウルブズ、エヴァートン、トッテナムが既に関心を寄せており、3500万ポンドの移籍金が必要になるようだ。英『Sport Witness』ではシティが興味を持っているとの話も出ている。

走力、パス、ドリブルと三拍子揃っているヌネス。ペップが称賛するように優秀な選手であり、今後5大リーグで活躍するのは時間の問題だといえる(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ