ジョビンコのサンプドリア加入が決定 アジアやMLSで輝いた男は7年ぶりのセリエAで何を魅せる?

イタリアで輝きを放つことができるか photo/Getty Images

現在16位と下位に沈むサンプドリア

サンプドリアへと移籍が決定したセバスティアン・ジョビンコ。35歳となった元イタリア代表は、久々のセリエAでどのようなプレイを見せるだろうか。

ユヴェントスのアカデミー出身のジョビンコは、2006年にトップチームへ登録される。エンポリやパルマで武者修行を続けて大きく活躍すると、2012-13シーズンにはユヴェントスで31試合7ゴールとブレイク。2015年にはフリーでメジャーリーグ・サッカーのトロントFCへ加入すると、同年の得点王と最優秀選手賞を受賞した。2017年には国内3冠に貢献してチームの全盛期で中軸を担い、2019年に加入したアル・ヒラルでは浦和レッズを下してAFCチャンピオンズリーグを制した。

北米やアジアで大きな存在感を発揮したジョビンコは、昨夏にアル・ヒラルを退団して2月にサンプドリアと契約を果たした。7年ぶりのイタリア復帰となったMFは、下位に沈むサンプドリアで輝くことができるか注目だ。

圧倒的なテクニックとパスセンスで攻撃の中心となる同選手。サンプドリアでも彼を起点に攻撃が展開されていくはずだ。またジョビンコは得点力も高いため、自身で試合を決めることができる。[4-3-1-2]のシステムを採用している同クラブで、トップ下やFWで中心となっていくことだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ