仏代表でEURO、W杯は未経験だが…… 川島永嗣所属クラブ支える34歳のエースは衰え知らず

ストラスブールで活躍続けるガメイロ photo/Getty Images

すべてのクラブで結果を出してきた

日本代表GK川島永嗣の出番は多くないが、今季フランスのリーグ・アンで快進撃を見せているのがストラスブールだ。

前節こそ下位に沈むボルドー相手に3-4で敗れてしまったが、それでも昨季を15位で終えていた中堅クラブのストラスブールが今は4位を維持している。欧州カップ戦出場も夢ではないのだ。

そのチームでエースの1人となっているのが34歳のフランス人FWケビン・ガメイロである。

ガメイロといえばストラスブールでプロデビューし、そこからパリ・サンジェルマン、セビージャ、アトレティコ・マドリード、バレンシアなどでプレイしてきたストライカーだ。

今季よりフリーで古巣ストラスブールに戻ってきたのだが、ここまでリーグ戦でチーム2位タイとなる8得点を挙げている。34歳とベテランになっているものの、今でも得点感覚は衰えていないのだ。

ガメイロのキャリアで見事なのは、その稼働率にある。大きな怪我が少なく、2007-08シーズンからはリーグ戦20試合以上出場を欠かさず継続している。パリではズラタン・イブラヒモビッチやエディンソン・カバーニらの存在もあって影の薄いところはあったが、それでも継続的に出番を得てきた。

ロリアン、パリ、セビージャ、アトレティコではリーグ戦二桁得点も記録しており、今季も今のペースなら二桁得点に届くだろう。

フランス代表ではライバルが多いこともあってEURO、ワールドカップ本大会には出場できなかったが、優秀な点取り屋であることは間違いない。成長して戻ってきたストラスブールにて、ガメイロは充実の時間を過ごしている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ