“ファン・ダイクを抜いた男”がプレミアで輝く ウルブズで主力となるファン・ヒチャン

ウルブズで存在感を発揮できるか photo/Getty Images

冬の移籍市場で完全移籍となった

ウォルバーハンプトンはライプツィヒより期限付き移籍中のファン・ヒチャンを完全移籍にて獲得することを発表している。オーストリアで輝いた韓国人アタッカーはプレミアでさらなる成長を続けている。

レッドブル・ザルツブルクのBチームに所属し、2015年にトップチームへと加入した。下部チームへの武者修行を経て、2019年にはアーリング・ハーランド、南野拓実らとともにUEFAチャンピオンズリーグでリヴァプールに善戦するなど、大きな注目を集めた。

その中でファンは、同年のプレミアリーグでドリブル突破を一度も許していなかったフィルジル・ファン・ダイクの守備を自身の武器であるドリブルで華麗にかわし、リヴァプール相手に得点を奪うなど1得点1アシストと活躍した。2020年に加入したライプツィヒでは得点を奪えなかったが、今季からウルブズへと移籍を果たしている。

そんなウルブズでは積極的に仕掛けて自身の武器を大いに披露。ここまでプレミアリーグで14試合4ゴールを記録しており、左ウイングとして主力となっている。序盤戦は苦しい状況が続いていたチームだが、第4節のワトフォード戦でゴールを決めると息を吹き返し、現在は8位まで上昇。ファンはウルブズにとって欠かせない存在となっているのだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ