デンベレは“10代”がピークだったのか 脅威だったドリブル成功108回のドルトムント時代

ドルトムント時代のデンベレ photo/Getty Images

怪我さえなければトップクラスの才能

バルセロナFWウスマン・デンベレはまだ24歳と若い選手なのだが、怪我の影響もあってキャリアは早くも下り坂だ。

振り返れば、ピークは2016-17シーズンのドルトムント時代なのだろう。まだ10代と若かった当時のデンベレは怪我もなく、このシーズンはリーグ戦で2000分以上プレイした。2000分以上プレイできたのは、今のところこのシーズンが最初で最後だ。

ブンデスリーガとリーガ・エスパニョーラでは環境が違うものの、当時のデンベレはキャリアハイとなる108回ものドリブル成功数を記録。これは2016-17シーズンのブンデスリーガでは最多の数字だった。バルセロナがこの活躍からデンベレに目をつけたのは自然な流れだ(数字は『WhoScored』より)。

このシーズンのデンベレはリーグ戦で6得点12アシストを記録したが、このアシスト数はキャリアハイ。得点数のキャリアハイはフランスのレンヌでプレイしていた2015-16シーズンの12得点となっており、やはりレンヌ時代とドルトムント時代のデンベレは特別なプレイヤーだった。

10代時点での才能なら、同じフランス代表FWキリアン・ムバッペにも負けないものがあったはず。そう感じさせるほどデンベレのポテンシャルは特大だった。

レンヌ、ドルトムントでの計2シーズンの輝きのみで終わってしまうのか。10代の頃がピークとは寂しすぎるだけに、何とか来季以降の活躍を望みたい。そのためにも怪我なく1シーズン戦い抜くことが重要だが、再びデンベレが真の輝きを放つ日はくるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ