ミトロビッチに続く2部最強ストライカーが早くもプレミア行きか? “26試合で20ゴール”を挙げるチリ代表FW

ブラックバーンでゴールを量産するブレアトン photo/Getty Images

また強力なFWが出てきた

昨季はブレントフォードのイヴァン・トニーが31ゴールを決め、イングランドの実質2部であるチャンピオンシップの得点王となった。今季もその流れが引き継がれているのかフラムのアレクサンダル・ミトロビッチが27ゴールを挙げ、トニーの記録に追い付く勢いを見せている。さらにブラックバーンのベン・ブレアトンも26試合で20ゴールと得点を量産しており、今季のチャンピオンシップはまさにお祭り状態となっている。

そんなブレアトンだが、今季一気にブレイクした選手だ。昨季も7ゴールを挙げていたが、今季はコツを掴んだのかシーズン中盤にして倍以上の得点を決めている。

ノッティンガム・フォレストのアカデミーで育ち、2018年からブラックバーンでプレイするブレアトン。22歳と若い選手だが、以前から注目されていた逸材であり、ノッティンガム時代にはマンチェスター・ユナイテッドやリヴァプール、アーセナルから関心を寄せられていたようだ。イングランドとチリの代表でプレイできる権利を持っており、コパ・アメリカではチリ代表としてプレイしている。

その誘いを断り、ブラックバーンでの道を選んだブレアトンは22歳にしてチャンピオンシップを代表するストライカーとなっている。ボックス内に飛び込むタイミングが絶妙であり、トップカテゴリーでも得点を量産できるスタイルだ。さらに4本中4本を沈めるなど、PK職人でもあり、欲しがるクラブは多いだろう。

実際に英『The Sun』ではセビージャが、英『Daily Mail』ではウェストハムやニューカッスルが彼の動向を探っていると報じており、既に人気銘柄となっている。特にウェストハムはジャロッド・ボーウェンやサイード・ベンラーマのような2部で活躍した選手を引き抜いた実績を持っており、有力候補といえる。1月での獲得を狙っているといわれており、早くも彼をプレミアで見ることができるかも知れない(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ