34歳からリーグ戦162試合で“68ゴール” 40歳になっても歩みを止めぬパラグアイの伝説

国内で現役を続けるサンタクルス photo/Getty Images

まだまだ国内リーグでトップクラスの実力

今年8月に40歳の誕生日を迎えても、レジェンドはまだまだ歩みを止めない。

今冬にパラグアイのクラブ・リベルタと契約を結んだのは、同国のレジェンドFWであるロケ・サンタクルスだ。

パラグアイ代表通算112試合出場32ゴールの成績を残すサンタクルスは、これまでバイエルンやイングランドのブラックバーン、スペインのマラガなど主に欧州で活躍してきた。
しかしベテランの領域に入り、2016年には母国パラグアイのオリンピア・アスンシオンと契約。ここで5年間プレイしたわけだが、見事なのはその成績だ。

30代後半に入っても大きく衰えることなく、オリンピア・アスンシオンではリーグ戦162試合に出場して68得点と活躍。キャプテンマークを巻き、チームのために走り続けた。

その契約も今年限りだったが、来年からは同じパラグアイのクラブ・リベルタでプレイしていくことが決定。これだけの数字を残しているとあれば、まだまだパラグアイ国内リーグで通用するだろう。

40歳になってもモチベーションが枯れていないのは見事で、パラグアイのファンも同国を代表するレジェンドプレイヤーのパフォーマンスを楽しんでいることだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ