放出候補からマンUに不可欠な万能戦士へ? 試してみたいファン・デ・ベークの“偽9番”

今後はさまざまなポジションでのフル回転に期待が掛かるファン・デ・ベーク photo/Getty Images

戦術の幅は広がるはず

オーレ・グンナー・スールシャール前監督の下ではなかなか出番がなかったものの、オランダ人MFはここからマンチェスター・ユナイテッドに欠かせぬ万能戦士として一気に存在感を高めてくるのか。指揮官が代わったことで今後の大爆発に期待したいのはドニー・ファン・デ・ベーク(24)だ。

少し前までは冬の移籍市場における放出候補とも噂されていたものの、スールシャールが監督の任を解かれたことによって一気に未来への希望が見えてきたファン・デ・ベーク。マイケル・キャリック暫定監督の初陣となった現地時間23日にのチャンピオンズリーグ・ビジャレアル戦では優れたパフォーマンスも披露し、この短期間で彼を取り巻く状況は一変したと言っていい。

そんなファン・デ・ベークだが、彼は今後さらにマンUにとってかけがえのない存在になっていくのだろうか。英『Sky Sports』で解説員を務めるジェイミー・キャラガー氏は、最前線で彼を起用してみるのも面白いと次のように語る。

「スールシャールがクラブを去ったことで、ドニーには一気に未来が見えてきたね。本当に素晴らしいことだ。さまざまな人が、彼が試合に出ることを待ち望んでいた。ビジャレアル戦でも中盤で良いパフォーマンスを見せたね。でも、彼にはまだ可能性があると思う。今後は偽9番としても活躍できるんじゃないかな。アヤックス時代にはそのポジションでもプレイしていただろう? 彼の柔軟性は間違いなくユナイテッドに大きな恩恵をもたらすはずだ」

ここ数試合におけるファン・デ・ベークのパフォーマンスを称賛するとともに、彼は新たなポジションでも存在感を発揮できるのではとキャラガー氏。たしかに、このオランダ人MFを前線で起用するというのは興味深い案だ。マンUのCF陣には“ザ・ストライカー”といったイメージの強い選手も多いだけに、味方との連携で細かく相手を崩していけるファン・デ・ベークをこのポジションに組み込むというのはオプションとしてアリなはずだ。

加えて、今後の過密日程を考えれば、クリスティアーノ・ロナウド(36)とエディンソン・カバーニ(34)のベテラン2人で最前線を回していけるかにはやや不安が残る。アントニー・マルシャルは依然として放出候補となっているだけに、ファン・デ・ベークが偽9番をこなすことができればチームとしても助かるのは間違いない。

チームの痒いところに手が届く選手として、今後は大いに重宝されそうなファン・デ・ベーク。これまではマンUで苦悩の時間を過ごしていたオランダ人MFだが、大逆襲劇が始まる予感だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ