チェルシーの《主役》は恐怖のDFたちだ 14得点11アシストを決めるまさかの攻撃性

得点力も開花したリース・ジェイムズ photo/Getty Images

攻守両面で主役だ

ジョゼ・モウリーニョが作り上げた2004-05シーズンのチームから、チェルシーに対して堅守のイメージを抱いている人は多いかもしれない。当時のチェルシーはプレミア最少記録となる15失点で優勝を飾っており、驚異の壁をゴール前に築いていた。

その再現となるのか。今のチェルシーも主役はDFなのだ。ロメル・ルカク、ティモ・ヴェルナーなど近年のチェルシーはアタッカー獲得に大金を費やしてきたが、主役がDFというのは興味深い。

今季トーマス・トゥヘル率いるチェルシーはリーグ戦での失点が4点しかなく、8つもクリーンシートを達成している。リーグ戦では複数失点したゲームがなく、早くも当時のモウリーニョ政権と比較する声も出ている。

リュディガーはセットプレイで脅威 photo/Getty Images

この勢いをシーズン終盤まで続けられるか

また、今季決めたゴールのうち43%をDFの選手が決めている。今節のレスター・シティ戦ではDFアントニオ・リュディガーが得点を記録。

右ウイングバックのリース・ジェイムズも4得点を挙げており、DFが得点源の1つになっているのは興味深い。

すべてのコンペティションを合わせるとチェルシーのDFは14得点を決めていると同時に、11アシストも記録している。ヴェルナーやカイ・ハフェルツだけ見ていればいいわけではないのだ。相手チームとしては厄介だろう。

GKもヒットしている。守護神エドゥアール・メンディがほとんどだが、ケパ・アリサバラガも合わせるとリーグ戦では枠内シュートのうち94.1%をセーブできている。マンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアが58%の数字に留まっていることを考えると、チェルシーGK陣がいかに優れているかが分かる(数字は『Planet Footballより)。

この守備はなかなか崩れないだろう。攻撃陣も奮闘しているが、ここまでの主役はDFたちだ。彼らを軸にチェルシーはリーグ制覇とチャンピオンズリーグ連覇へ突き進む。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ