まさかの中東移籍も視野に? ハメスはカタールで輝きを取り戻すか

中東へ移籍することになるのだろうか photo/Getty Images

今季は出場のないハメス

今季のハメス・ロドリゲスはどうなってしまうのだろうか。昨季エヴァートンへ加入し、大きな活躍を見せるものの、ラファエル・ベニテス監督の下では、出場機会すら与えてもらえないのが現状だ。

現在30歳となったハメスもこのままベンチにすら座れない日々を過ごすわけにもいかないだろう。今オフも様々な移籍話があったが、欧州の移籍市場が閉まるまでに交渉は成立しなかった。

1月まで出場機会がない状態が続くかと思われたハメスだが、アジアから救いの手を差し伸べられているようだ。カタールのアル・ラーヤンが獲得を目指しており、カタールの移籍市場が閉まるのが9月末となっており、移籍となればすぐに試合に出場できる。

フランス代表やパリ・サンジェルマンを率いたローラン・ブラン監督が指揮を執るクラブで[4-1-4-1]のシステムを起用。ハメスが加入となれば中盤の「4」のインサイドハーフを務めることとなるだろう。チャンスメイクやキープ力など中央で活かすことで、攻撃の中心となれる。

また来年行なわれるFIFAワールドカップの開催地でもあるカタール。コロンビアはW杯南米予選で6位と当落線上にあるものの、出場することができれば、現地の気候にいち早く対応することはメリットとしても考えられる。ブラジルW杯のような活躍も見られるかもしれない。

まさかの急展開となったハメスだが、今後のキャリアはどうなっていくのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ