C・ロナウドから主役の座奪い取れるか “7290万ポンドFW”サンチョの挑戦

マンUに加入したサンチョ photo/Getty Images

マンUで活躍しないとイングランド代表で主力になれない

クリスティアーノ・ロナウドの復帰に話題を持っていかれたところがあるが、今夏のマンチェスター・ユナイテッドではFWジェイドン・サンチョも注目の新戦力だ。

ドルトムントで一流アタッカーへ成長したサンチョとしてはプレミアリーグでも結果を残し、イングランド代表でも確固たる地位を築いていきたいところだろう。

しかし、道のりは甘くない。マンUではロナウドの活躍に加え、若いFWメイソン・グリーンウッドがブレイクしている。グリーンウッドは同じイングランド人プレイヤーであり、来年のワールドカップではイングランド代表メンバーに入ってくると予想されている。

グリーンウッドはセンターフォワードもこなすが、ウイングの位置でもプレイできる。代表とクラブの両方でサンチョのライバルになる可能性もあるだろう。

イングランド代表は今夏のEURO2020で準優勝の成績を収めたが、サンチョは主力になりきれなかった。今夏にアストン・ヴィラからマンチェスター・シティへ移籍したMFジャック・グリーリッシュ、EUROで大活躍だったFWラヒーム・スターリング、アーセナルでプレイするMFブカヨ・サカなどライバルは多い。そこにグリーンウッドも加わってくるはずだ。

サンチョにとってマンU加入は大きなステップアップだが、主力として活躍していかなければ代表の定位置は掴めない。まだマンUでは目立った成績を残せていないが、ロナウドやグリーンウッドにも負けぬパフォーマンスを披露して代表監督ガレス・サウスゲイトを納得させられるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ