レスターの迷えるベルギー代表MFはどこへ行く? ブレイクのためには移籍するべきだ

デニス・プラートはどこへ行くのか photo/Getty Images

昨季は15試合の出場にとどまった

レスター・シティは昨季、プレミアリーグ最終節で敗戦。5位まで順位を落とすとUEFAチャンピオンズリーグの出場権も逃してしまった。新シーズンに向けて再起を図るべく、オーストリア・ブンデスリーガの得点王であるパトソン・ダカを獲得するなど積極的に動いている。

補強の動きと同様に放出の噂も上がっている。候補となっているのが、MFデニス・プラートだ。2019-20シーズンよりサンプドリアから加入した27歳は、昨季のプレミアで15試合の出場にとどまる。スタメンはわずか10試合に終わり1ゴール1アシストと悔しい結果に終わった。

その影響もあり、UEFA EURO2020のベルギー代表メンバーに選出されるものの、出場わずか2試合でどちらも途中出場と悔しい結果に終わる。プラート自身もキャリアの再起を図るためには移籍の選択もあり得るのではないか。

キック精度や足元の技術の高さを活かして得点とアシストを創出する司令塔。アンデルレヒトやサンプドリアで結果を残したプラートだったが、レスター移籍後は同じベルギー代表MFのユーリ・ティーレマンスが急成長してポジションを確立する。彼との競争に勝てず出場機会を減らしてしまっているのが現状だ。ポテンシャルは高いため、他クラブへの移籍して一気にブレイクする可能性もある。

ベルギーメディア『HNL』ではレスターがプラートを放出するかもしれないと報道。他クラブから本人へ魅力的なオファーがある場合は、移籍も容認する構えであると伝えている。新シーズンに向けて心機一転クラブを変えることも選択肢の1つだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ