グリーリッシュ放出となれば後釜候補にも…… レヴァークーゼンから移籍希望のアタッカーはプレミア挑戦か

レヴァークーゼンを退団する可能性も photo/Getty Images

今季はブンデスリーガで9ゴールをマーク

昨季はブンデスリーガで6位に終わったレヴァークーゼン。失点数はリーグでも3番目に少ない「39」と堅守を見せるものの、ゴール数は「53」。トップ5のクラブがすべて60点を越える中で物足りない数字だった。

新シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて攻撃力の強化を図りたいレヴァークーゼンだったが、昨季シーズン途中に獲得したMFデマライ・グレイがエヴァートンへと移籍が決定。さらにチーム2番目の9ゴールを挙げたレオン・ベイリーにも移籍の可能性が挙がっている。

ベイリーはジャマイカ代表の23歳。ウィングや左サイドハーフを主戦場とするアタッカーはスピードを活かしたドリブル突破を武器としており得点力も高い。そのスプリントは守備でも輝きを放ち、積極的なプレッシングでカウンターへとつなげる。

そんなベイリーに対してプレミアリーグのアストン・ヴィラが関心を強めている様子だ。勝ち点1差で辛くも残留を果たした一昨年とは一転して昨季は11位と躍進。チームのエースの1人であるジャック・グリーリッシュがマンチェスター・シティへの移籍が噂されており、彼の後釜としてベイリーを迎え入れる可能性があるだろう。

またドイツ紙『kicker』ではベイリーが「新しいチャレンジが必要だと感じている」と移籍希望を公言したと報道。「準備はできている」と話しており、プレミアへ挑戦する可能性も高まっている。ベイリーの今後はどうなるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ