延期で得られた経験と“最強のライバル”の存在が強みに 最後尾から若き日本を支える谷晃生

チームでの定位置を確保した谷 photo/Getty Images

チームを連勝に導く守護神

U-24日本代表は東京オリンピックの第2戦でU-24メキシコ代表と対戦。前半に挙げた2ゴールを守りきり、2-1で勝利した。終盤のメキシコの猛攻を凌いだのは、今大会で守護神としての座を勝ち取ったGK谷晃生だった。

2点リードで迎えた85分に失点を喫すると、その後もメキシコの攻撃を受ける形となってしまった日本。10人に2点差と勝利は決定的かと思われた終盤にまさかのピンチが続く。

そんな中でも谷は2失点目を許さなかった。90+3分には左サイドからのFKに頭で合わせられるも好セーブを見せて得点を許さず。日本ペースで進んでいた中での試合終了間際の大ピンチを右手で防いだ。

このチームでは、もともと大迫敬介という正GKがゴールマウスを守っていた。対して昨季、ガンバ大阪から湘南ベルマーレへと武者修行して経験を積んでいた谷は、今季も湘南の守護神としてチームを支え続ける。そして大会前に好プレイを発揮し、本大会でスタメン入りを果たすのは谷だった。

1年延期していなければ、谷は出場していなかったかもしれない。昨季のJ1での大きな成長と、大迫という最強のライバルがいたからこそ大舞台で高いパフォーマンスを見せることができている。

2連勝を飾った日本だが、結果次第では敗退の可能性もある第3戦。負けられない戦いが続く中、谷の好守が再びチームを救ってくれることだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ