大注目の“韓国のファン・ダイク”はどこへ行く? ステップアップするのに最適なクラブは

来季はどこへ移籍するのか photo/Getty Images

中国の北京国安に所属するキム・ミンジェ

韓国で今大注目のDFのヨーロッパ挑戦が始まりそうだ。その選手が北京国安のキム・ミンジェ。“韓国のファン・ダイク”と呼ばれる男を獲得するクラブはどこになるのか。

以前から噂に挙がっていたのが、トッテナムだ。ソン・フンミンを擁するプレミアリーグの強豪は、新たな韓国人を守備の中心に育てるために獲得しようと試みる。他にもエヴァートンやユヴェントスなども関心を示しており争奪戦が予想された。

そんな中で可能性として高まっているのが、ポルトへの移籍だ。数々の名選手を輩出してきたポルト。今季はプリメイラリーガをわずか2敗で戦い抜くもスポルティングに及ばず2位で終わった。CB陣もポルトガル代表の38歳ペペがいまだ不動の位置を確立しているが、世代交代のためにも若い選手の獲得が急がれている。そんな中で次世代のリーダー候補としてキム・ミンジェに期待が持たれている。

キム・ミンジェとしてもさらなるステップアップを望むなら、ポルトへの挑戦もありだろう。ポルトからは数々のCBがビッグクラブ移籍を果たしている。移籍すれば初の欧州移籍となるが、彼の今後のステップアップの1つとしてポルトは良い選択だろう。またイラン代表FWのメフディ・タレミがチームのトップスコアラーに君臨しており、アジア人選手の評価も決して低くないはずだ。

ポルトガルメディア『Record』では、すでにポルトとキム・ミンジェが移籍の契約を結んでいると報道。24歳のCBと合意に達したのではないかと伝えている。

190cmと長身を活かしたフィジカルや強烈なヘディングが特長で、ビルドアップの能力にも長けていることから“韓国のファン・ダイク”とも呼ばれるキム・ミンジェ。彼の初の欧州移籍はどのクラブになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ