17歳でバイエルンの開幕スタメン掴んだ男は今どこに “消えた天才”の現在地

過去にバイエルンで大きな才能の片鱗を見せつけたガウディーノだったが…… photo/Getty Images

ペップも才能を認めた男

かつて、バイエルン・ミュンヘンで眩い輝きを放った17歳のMFを覚えているだろうか。その名はジャンルカ・ガウディーノ。2014-15シーズン、この男の大ブレイクに期待していたファンも少なくなかったことだろう。

「17歳の若さでアリアンツ・アレーナでプレイするのは簡単なことじゃない。それも相手がヴォルフスブルクで、ルイス・グスタボを相手にしたんだ。なおさらだよ。でも、彼は試合を通してすごく落ち着いた様子だった」

これは、2014-15シーズンのブンデスリーガ開幕戦でリーグデビューを記録したガウディーノに対して、当時チームを率いていたジョゼップ・グアルディオラが残したコメントだ。稀代の名将にこの上ない賛辞を贈られたガウディーノ。それもそのはず、このヴォルフスブルク戦で彼はとてもまだ17歳の選手とは思えないパフォーマンスを披露したのだ。

リーグ開幕戦でのスタメン抜擢にも怯むことなく、ガウディーノは90分間で59本中57本のパスを通してみせた。成功率は驚異の96.6%。また、走行距離でもチームトップの12.9kmをマークし、“怪物ルーキー”と呼ぶにふさわしい活躍を披露している(スタッツはブンデスリーガ公式サイトより)。グアルディオラがここまで絶賛するのも無理はない。この時点で、多くの人がこのMFに輝かしい未来が待っていることを信じて疑わなかったことだろう。

しかし、そこからガウディーノがスターの道を歩むことはなかった。1年目こそトップチームで公式戦11試合に出場するも、翌シーズンはU-23カテゴリでの活動が中心に。これをキッカケとしてガウディーノのキャリアは停滞し始めた。2016-17シーズンにスイス1部のザンクト・ガレンにレンタル移籍すると、その次のシーズンにはセリエAのキエーヴォへと売却された。しかし、不慣れな異国の地に適応できず、その後はヤングボーイズ(スイス)を経て、現地時間9日にはドイツ2部のザンクト・ハウゼンへ来季加入することが発表された。

昨年11月で24歳になったガウディーノ。順調にキャリアを形成することができていれば、今頃はバイエルンで絶対的な存在となっていてもおかしくはなかったか。しかし、現実は2部リーグ。7年前に衝撃的なデビューを飾った男のキャリアは相当に厳しいものとなっている。“消えた天才”とはよく言うが、残念ながら現時点では彼もそのカテゴリに入ってしまっているといっていい。

「最初の試合を終えたあとは、長くバイエルンで成功できると思っていたんだ。でも、それから僕は穴に落ちてしまった。まだ準備ができていなかったんだ。当時の体重は60kgしかなく、現在より15kgも少なかった。プロの世界で一歩先へ進んでいくために必要なレベルではなかったのさ」

2019年、独『Bild』に対してガウディーノはバイエルン時代をこのように振り返っている。一瞬の輝きは最高級でも、それを継続できる土台がなければプロの世界では通用しない。ガウディーノはまさにそのケースだったのかもしれない。

とはいえ、ガウディーノはまだ24歳。ここから再び這い上がるチャンスは残されているはずだ。はたして、ガウディーノが今後歩むキャリアはどのようなものになっていくのだろうか。いずれ再びトップレベルの舞台に舞い戻って、バイエルン相手に活躍するなんてシナリオが実現すればおもしろい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ