イブラ離脱を補う“ネクスト・イブラヒモビッチ” EUROで爆発を期待するスウェーデンの新星

EUROでの得点量産に期待がかかる photo/Getty Images

今季はレアル・ソシエダで17ゴールを記録

FIFAワールドカップのロシア大会ではプレイオフでイタリアを破って出場し、ベスト8まで勝ち進んだスウェーデン代表。UEFA EURO2020でも躍進が期待されており、予選でも見せた自慢の堅守は本大会でも注目を集めるだろう。

そんな中で課題となっているのが攻撃面だ。ズラタン・イブラヒモビッチはひざを負傷してしまい欠場。大きな得点源を失ってしまう。そのチームに期待がかかっているのが、“ネクスト・イブラヒモビッチ”とも呼び声高いアレクサンドル・イサクである。

190cmの長身を武器に力強いフィジカルと懐の深いボールコントロールが売りのイサク。レアル・ソシエダで2シーズン目を迎えた今季のリーガ・エスパニョーラで、17得点を記録してゴールを量産した。

スウェーデン代表に招集されたメンバーの中ではもっとも身長が高く、カウンター時の起点ともなるだろう。彼がリーガで見せたゴール前での強さや決定力を欧州の大舞台でも発揮することができれば、チームも良い成績まで勝ち上がることができる。

現在21歳の長身FWは今季のリーガで大きなインパクトを残した。それに加えて、EUROでも得点ランキングの上位に名前を載せることができれば、さらなる注目が集まる。

スウェーデン代表は初戦でスペイン代表と激突。予選でも対戦しアウェイでは0-3と敗れているため嫌な相手ではあるが、今季イサクがゴールを量産した地は紛れもないスペインだ。2年前の予選ではゴールを挙げられなかった前々回王者にスペインでブレイクしたイサクがゴールネットを揺らすことがあれば、彼らのグループEはさらに面白くなるだろう。“ネクスト・イブラヒモビッチ”の活躍にも期待がかかる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ