[MIXゾーン]鹿島FW上田綺世が魅せる巧みな駆け引き 将来が楽しみで仕方がない

川崎戦を振り返る上田綺世。悔しさを吐露する場面も photo/スクリーンショット

課題は最後のクオリティ

やはり鹿島アントラーズに所属するU-24日本代表FW上田綺世は、将来が楽しみなストライカーのひとりだ。

30日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節で、川崎フロンターレと対戦した鹿島。前半はなかなか思うようなプレイをさせてもらえず、苦戦を強いられたが、それでもなんとか最小失点に抑えてハーフタムを迎える。すると、後半に入って一気に勢いを取り戻し、61分に上田が絶妙な抜け出しから同ゴールをゲット。試合を振り出しに戻したが、その後は両チーム一進一退の攻防を見せる中、終了間際に川崎に勝ち越しゴールを許し、鹿島は1-2の敗戦を喫した。

惜しくも川崎に敗れてしまった鹿島だが、ここ最近コンディション不良に悩まされていた上田が徐々に本来のパフォーマンスを取り戻してきているのは、チームにとってこれ以上ない朗報だろう。もともとダイアゴナルとプルアウェイの使い分けなどがうまく、オフ・ザ・ボールの動きや相手DFとの駆け引きに定評のある上田。この日の川崎戦でも、ゴールシーンやその前の土居聖真からのパスでエリア内へ侵入したシーンをはじめ、J屈指のセンターバックコンビを誇る川崎の谷口彰悟やジェジエウらを翻弄し、DFラインの背後を奪ったり、ゴール前でフリーとなったりシーンが何度もあった。シュートまでの持って行き方や形は、Jリーグの中でもトップクラスのストライカーではないだろうか。そのバリエーションも豊富。すでにこのレベルにありながらも、まだまだ底が知れない発展途上というのも恐ろしい。それだけに、最後のところのクオリティをもう少し……と思っているアントラーズ・ファンも少なくないかもしれない。ただ、本人もそこが課題であることは重々承知しているはずだ。

そんな上田が試合後、自身の課題などを含めて川崎戦を振り返ってくれた。負けたことやチャンスを逃したことへの悔しさを吐露しつつも、自身のコンディションが上がってきていることに関しては、本人もやや手応えを感じているようだ。今後の爆発へ向けて、この川崎戦がキッカケとなるかもしれない。

ーーVARによってオフサイドが取り消された得点シーンを振り返って


「荒木(遼太郎)からボールをもらったんですけど、その前の白崎(凌兵)くんのところで受けるつもりで動き出していました。そのあと荒木のほうにパスが出て、継続して動き続けたから取れたゴールだと思います。僕自身も正直、若干オフサイドかなと思いましたけど、常に準備していたというところが得点につながったんじゃないかなと思います」

ーー59分に土居選手からのパスでチャンスを迎えるも、シュートを打ちきれませんでした。それが61分のゴールシーンにつながったのか


「(59分のシーンでは)いろいろな選択肢がありましたけど、それを逆手に取って、GKをかわしてシュートを打つという選択肢を自分なりに選びました。ただ、GKが一枚上手だったかなと思います。そのあとも止められちゃったことはありましたけど、今日のゴールは普段の僕にはあまりないアイデアを活かせたゴールだったかなと、新しい引き出しでゴールを取れたかなと思います。さらにさらに引き出しを、アイデアを増やせれば、(ゴール以外の)2つのチャンスもゴールに結びつけられたんじゃないかなと思います」

ーーリーグ戦では4月の神戸戦以来1ヶ月ぶりのスタメンでした。コンディションが上がってきているように見えましたが


「(コンディションが)上がってきてはケガをしての連続でした。やっぱり怪我をしないということは、良い選手の1つの条件だと思いますし、スタメンでこうやって結果を残し続けることが大事だと思うので、(川崎戦は)その良いキッカケにはなったんじゃないかなと思います。ただ、僕は何回も言っていますけど、FWはあくまでチームを勝たせるための点を取るのが仕事です。1-2で負けているのは僕の責任だと思いますし、今日のあの2つは決め切らなきゃいけなかったと思います。やっぱりそこは次に活かさなきゃいけないし、スタメンで出るというのはそういうことかなと思います」

ーーU-24日本代表の活動が始まるが、その抱負は?


「代表でも、鹿島でも持っている力は同じなので、それを全力で出す、表現してくるということをしながらも、いろんな選手とプレイすることでいろんな引き出しの良い部分をまた盗んだり、自分なりに新しい動き出しを増やしたり、そういうことにトライできたらいいなと思います」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:インタビュー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ