B・フェルナンデスも才能認める実力派MF セリエAで暴れる男の気になる去就

ナポリで活躍を続けるジエリンスキ photo/Getty Images

「テクニックは僕より上だと思う」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(26)は、プレミアリーグでもトップクラスのプレイヤーだ。今季リーグ戦37試合に出場し18ゴール11アシストを記録したテクニシャンは、今や誰もが認めるワールドクラスとして認知されている。「優勝こそならなかったが、その活躍ぶりはMVP級」。SNS上ではそんな意見も散見され、その評価は日ごとに上昇する一方だ。

しかし、そんなB・フェルナンデスをして「自分より上手い」と評す選手がイタリアにいる。その選手とは、ナポリに所属するポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(27)だ。先日、仏『Canal+』のインタビューに登場したB・フェルナンデスは、一緒にプレイしてみたい選手を問われた際に「ナポリのピオトル・ジエリンスキさ。テクニックは僕より上だと思う。紛れもないトッププレイヤーだよ。ウディネーゼで一緒にプレイしたこともあるけど、この前も『また一緒にプレイしたいね』って話したよ」と回答している。

プレミア最高級MFが名指しでその実力を称賛したジエリンスキ。同選手は今季ナポリでセリエA36試合に出場して8ゴール11アシストを記録している。その数字からも、彼がいかに中盤で支配的なプレイヤーかは見て取ることができるだろう。そのほか、ドリブル成功率(61.05%/95回中58回成功)やロングパス成功率(70.0%/80本中56本成功)でも印象的な数字を残している同選手。かねてよりその才能は評価されていたが、今季の同選手はトップ下のポジションでその能力をもう一段階上のレベルに到達させた印象がある。

そんなジエンリスキだが、今夏彼には移籍の噂も浮上している。これだけ優秀なパフォーマンスを披露していれば、他のクラブの興味を惹きつけるのも無理はないか。伊『Gazzetta dello Sport』によると、現在はアーセナルやリヴァプール、ユヴェントスなどが彼の獲得に興味を抱いているとのこと。ナポリは彼を非売品とみなしているようだが、6000万〜7000万ユーロの移籍金を出すクラブがあれば放出を決断する可能性もあるという。それなりに高額な取引となるが、特にユヴェントスはDFメリフ・デミラルとのトレードで移籍金を引き下げるプランも用意していると同メディアは伝えている。

B・フェルナンデスも認めるポーランド代表MFの才能。はたして、ジエリンスキは来季どこでプレイすることとなるのか。まだナポリで活躍する彼の姿を見たい人も多いはずだが、結末はいかに。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ