次にプレミアに来るかもしれない? イングランドを席巻するCBとは

ルーカス・ベリッシモも将来プレミアにやってくるかもしれない photo/Getty Images

マンチェスターの2クラブがベンフィカから獲得

今季のプレミアリーグではマンチェスターの2クラブがトップ2を占めている。そんな両クラブのCBで共通している面は、元ベンフィカの選手がいるということだ。マンチェスター・シティには今季から加入し、守備のリーダーを務めるルベン・ディアスが所属。マンチェスター・ユナイテッドにはビクトル・リンデロフがいる。

ベンフィカ産のCBはプレミア界隈で注目を集めている。そんなベンフィカへ冬に加入し、すぐさまレギュラーを獲得した選手がいる。それがブラジル人DFのルーカス・ベリッシモだ。

189cmと長身でフィジカルの強さを持ち合わせるCB。対人の強さや出足の早いインターセプトで攻撃の芽を摘む。さらにキックの技術も非常に高く、ロングフィードで攻撃のスイッチにもなる。現代型のCBだ。

ルーカス・ベリッシモは1995年生まれの25歳。サントスのアカデミーから2016年にトップチームへ昇格すると、翌年からレギュラーに定着する。昨季はブラジレイロ・セリエAで33試合に出場し2ゴールを獲得。2021年1月からベンフィカへ移籍すると、すぐさまスタメンで起用され、現在10試合出場1得点と結果を残している。

ベンフィカ産CBという新たなトレンドになりつつあるプレミアの移籍市場。過去にはダビド・ルイスをプレミアに送るなどの実績もあるベンフィカ。今後、ルーカス・ベリッシモの名前もイングランドの地で聞くことになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ