大きすぎた“ムバッペロス“ 相棒を失ったネイマールも奮闘したが……

前線で奮闘したネイマール photo/Getty Images

2年連続のファイナル進出とはならなかった

先日行われたCL決勝ラウンド、パリ・サンジェルマン対バイエルン・ミュンヘンの一戦。昨季ファイナルと同カードとなり事実上の決勝戦とも言われたこの試合、PSGのエースであるネイマールが見せたパフォーマンスは圧巻だった。2試合を通じてゴールは無かったものの、欧州王者のディフェンスをものともしないドリブルのキレを見せ、キリアン・ムバッペと共にチームを準決勝に導いた。ベスト4の1stレグでもマンチェスター・シティを相手に変わらない高いパフォーマンスを発揮したが、2ndレグでは相棒であるムバッペを失ってしまい輝くことは出来なかった。

1stレグでは相手にボールを持たせて前方にある広大なスペースから好機を演出しており、ムバッペとのコンビネーションでゴール前まで運べていた。しかし、2ndレグではPSGがボールを持たされたことやネイマールが中盤でゲームメイクに回ったことにより、前線での攻撃力が半減してしまっていた。また、中盤でボールを受けた際もフェルナジーニョやルベン・ディアスらの出足の早い守備に苦労している場面が散見されており、完全に対策されていたと言っていいだろう。

ムバッペの代わりに前線での起用となったマウロ・イカルディも後半62分にベンチに下がったが、タッチ数が「16」となっており、ゲームに入れていなかったことが分かる。試合を通してセンターバックにマークされていたが、もう少し動き出しの工夫が必要となりそうだ。

切り札とも言えるムバッペを欠いたことで勢いを失ってしまったPSG。今後も、リーグ戦や国内カップ戦とまだコンペティションを残している。ここでモチベーションを落とさずシーズンを戦いきって欲しい(データは『WhoScored.com』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ