過去にダブル受賞は存在する? 得点王とアシスト王でトップに立つトッテナムFW

プレミアでダブル受賞なるか photo/Getty Images

現在どちらもトップに立つケイン

今季も終盤を迎えるプレミアリーグ。得点ランキングとアシストランキングの両方で首位に立つのは、トッテナムのエース、ハリー・ケインである。現在けがの影響もあり、離脱しているが、彼がダブル受賞も十分にあり得る。

ケインは今シーズン、ゴールだけではなくアシストも量産。21ゴールを決めるだけではなくアシスト数も「13」とトップに立っている。どちらもトップ3に名前が上がるのはケインとブルーノ・フェルナンデスのみであり、トッテナムのプレミア総ゴール数56のうち「34」に関与している。

チームの核となっているケインが、ゴールとアシストをそれぞれトップでシーズンを終了すればダブル受賞となる。プレミアが発足した1992-93シーズン以降で、得点王とアシスト王のダブル受賞を獲得した選手は過去に1人だけ存在する。マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したアンディ・コール氏だ。

彼はプレミア発足2年目となる1993-94シーズンにて34ゴールを奪いトップスコアラーに輝く。さらに13アシストを記録して得点王とアシスト王のダブル受賞となった。ちなみに当時は42試合制だったため、現在よりも4試合多い。

その後も幾多のレジェンドたちがプレミアリーグでプレイしたが、ダブル受賞を経験する者は現れていない。つまり、どちらもトップの成績を記録するのは相当難しいということだ。ケインほどのストライカーであれば、その可能性も十分あるだろう。ゴールランキングではモハメド・サラーや、アシストランキングではブルーノ・フェルナンデスなどが彼の背中を追っているが、逃げ切って27年ぶりのダブル受賞を獲得してほしい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ