出場機会に悩む韓国の天才 プレミア挑戦で打開なるか

プレミア挑戦の噂があるイガンイン photo/Getty Images

今季21試合に出場するイ・ガンイン

韓国で将来を期待されているイ・ガンイン。今季は開幕から負傷で出遅れるものの、その後は出場機会を増やして21試合に出場している。しかし3月に行われた日韓戦に出場してからは3試合出場がなく、22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第31節のオサスナ戦で途中出場を果たすも、チームは1-3で敗れている。

そんなイ・ガンインはリーガでのキャリアは通算41試合に出場し2得点を記録。ただ元の期待値に比べると、この結果ではまだまだ物足りない印象だ。同い年の久保建英の64試合4ゴールと比較してもまだまだやれる印象はあるだろう。

その中で推奨したいのがイングランドへの移籍だ。韓国人プレイヤーは欧州の中でもプレミアリーグで成功した例は多い。一番に挙がるのは、今季プレミアでキャリアハイとなる15得点を記録したソン・フンミンだ。UEFAチャンピオンズリーグ決勝の舞台も経験しており、トッテナムと韓国代表のエースとして君臨している。過去にはマンチェスター・ユナイテッドでプレミアやCLを制覇したパク・チソンや、スウォンジー・シティなどでプレイし、現在は国内復帰しているキ・ソンヨンらが挙がる。球際での激しいプレッシングやフィジカルコンタクトが多いイングランドは、フィジカルの強さや闘志を出して戦う韓国の選手に向いているのかもしれない。

さらにスペインメディア『sportaragon』によると、ウォルバーハンプトンへ移籍の噂が浮上している。バレンシアがウルブズからウエスカにレンタル移籍中のラファエル・ミルを獲得するために、トレード案としてイ・ガンインの名前が出ているようだ。状況としては放出されるような形ではあるが、プレミアへの挑戦はチャンスにも捉えられる。

イ・ガンインは足元の技術やパスの精度に長けており、激しいプレイなども含めてイングランド向きだ。韓国の将来を期待されている逸材の来季の動向にも注目が集まる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ