メッシでも追いつけなかった? 競走馬のようにピッチを駆けたスピードスターの記憶

ジェラードと競り合うカカー(左) photo/Getty Images

全盛期のスピードは圧巻

いつの時代もサッカー界ではスピードスターに注目が集まるもので、現在もパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ 、ウォルバーハンプトンMFアダマ・トラオレらがスピード自慢として有名だ。

彼らより速かったかは分からないが、先日英『GIVE ME SPORT』が振り返ったのは元ブラジル代表MFカカーのスピードだ。

2007年にバロンドールまで獲得したカカーはミラン、レアル・マドリードで活躍した選手で、全盛期のスピードは圧倒的だった。大きなストライドで一気に加速し、1人でカウンターアタックを成立させてしまうことも珍しくなかった。

中でも衝撃的だったのは、2006年に行われたアルゼンチン代表とのゲームでFWリオネル・メッシをぶっちぎったプレイだ。

当時まだ駆け出しに近い存在だったメッシはカウンターを仕掛けたカカーを必死で追いかけたのだが、これが全く追いつけない。ボールを持っていないメッシがドリブルしているカカーに追いつけず、ハーフウェイライン付近からの独走を許してゴールを決められてしまった。

メッシも瞬間的なスピードには定評のある選手だが、当時のカカーはそれ以上に速かった。怪我をしてからはややスピードが落ちたが、全盛期のスピードはムバッペやトラオレにも負けていなかったのではないか。

走るフォームも競走馬のように美しく、永遠に記憶されるスピードスターの1人だろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ