メッシに次ぐ“現リーガNo.2”レフティー? 圧巻の技術を誇る男の未来

ベティスでプレイするフェキル(右) photo/Getty Images

ビッグクラブで見てみたい選手

フランス代表での主役はFWアントワーヌ・グリーズマン、キリアン・ムバッペといったところだが、彼らにも負けぬ才能の持ち主にもスポットを当てたい。

本来ならビッグクラブでプレイしているべき実力者なのが、レアル・ベティス所属FWナビル・フェキルだ。

27歳のフェキルはリヨンでブレイクしたアタッカーで、その才能に疑いの余地はない。2019年夏にはリヨンを離れるフェキルに多くのビッグクラブが関心を寄せたが、結局は実現することなくベティスへ向かうことになった。この移籍を悔やんだサッカーファンも少なくないだろう。

リーガ・エスパニョーラでもフェキルの才能は相変わらずで、今季もここまでリーグ3位となる71回のドリブルを成功させている。今のリーガにおいては、リオネル・メッシに次ぐレフティードリブラーと言っても大袈裟ではない。

英『HITC』などはアーセナルが今もフェキルに目をつけていることを伝えているが、その才能ならプレミアリーグの上位クラブでも十分に活躍できるはず。現在のアーセナルではレアル・マドリードからレンタルで加わっているレフティーのMFマルティン・ウーデゴーが話題だが、フェキルの攻撃性はウーデゴーにも負けていない。

本来ならビッグクラブで活躍し、フランス代表でも主役となるべき才能の持ち主だが、フェキルに遅咲きのステップアップは訪れるのか。その才能をチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなど高度なレベルで見てみたいものだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ