[ぺこぱシュウペイ]新加入選手がすんなりフィット 旗手&三笘サイドの運動量がすごい!

ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーー!!

ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーー!!

橘田選手のフィットの速さには驚き! photo/Getty Images

 ゼロックス杯からフロンターレの試合をすべてみていますが、シンプルに強いですね。攻守ともに質が高く、先月このコラムで話題にした新加入選手たちも活躍しています。スタイルが完成されているので、新たに加わる選手としても馴染みやすいのでしょう。

 正直、桐蔭横浜大学から加入した橘田選手については、選手層が厚い中盤ですぐにフィットできるか少し心配していました。しかし、むしろいち早くフロンターレのサッカーに溶け込み、ルーキーイヤーで開幕から出場を重ねています。もう、すごいとしか言えません。そのプレイをみると、本人も自信を持っているなと感じます。これからのフロンターレを背負っていく選手のひとりなのは間違いありません。

 シミッチ選手、塚川選手もすんなり中盤に収まり、力を発揮しています。遠野選手も第3節仙台戦で初ゴールを決めました。開幕前は憲剛選手、守田選手が抜けたことで不安がありましたが、補強がばっちりうまくいきました。このあたりもフロンターレの強さなのだと思います。昨季、シーズン最多勝点、最多得点で優勝したクラブです。“強豪”とされるチームで、短期間でこれだけ新しい選手が出てくるのはあまりないことです。

 ホントに各ポジションにスターがいます。山根選手&家長選手の右サイド。旗手選手&三笘選手の左サイド。この両サイドは、もう鉄壁です。最終ラインの真ん中にはポジショニングがよく、競り合いにも強い谷口選手&ジェジエウ選手がいて、安定感抜群のソンリョン選手が最後方にいます。田中選手、脇坂選手を含めた中盤でチャンスを作り、前線には決定力のあるダミアン選手や悠がいます。質の高い選手たちが、攻守両面でお互いにカバーしながら戦っています。山根選手があれだけ攻撃参加できるのも、しっかり意思統一ができているからです。

 旗手選手が左サイドバックを務めることで、同サイドの三笘選手とどんなコンビネーションを作り上げるかもとても楽しみです。両選手ともに運動量が多く、対戦相手の立場で考えるとこれほど嫌なコンビはないでしょう。

 いま、日々フロンターレの試合を楽しみにしていて、どんなに忙しくても時間を作ってみています。頑張る原動力になっているので、感謝しつつ注目しています。

構成/飯塚 健司

※電子マガジンtheWORLD第255号、3月15日配信の記事より転載

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:連載

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ