かつて“太り過ぎ”と言われたルカクが食事管理を徹底 飛躍の陰に努力あり

インテルへ加入して以降、素晴らしい活躍を披露するルカク photo/Getty Images

サプリメントを摂り、水分補給や睡眠まで気を配る

食べたものは人の血となり、肉となり、活力になる。普通の方にとっても食事は切っても切り離せないものであるが、アスリートにとって食事は特に重要。食べるものによって、コンディションや疲労、身体のキレなど、良い意味でも悪い意味でも様々な点で影響が出てくることがあるからだ。普通の方でも偏った食事が続いたり、栄養が不足していたりした際に、体調不良や身体の違和感を感じる方がいるのではないだろうか。身体を酷使するアスリートにとってはそれが致命的になる可能性があり、そのため食事管理に細心の注意を払っているアスリートも少なくない。日本サッカー界で言えば、マルセイユでプレイするDF長友佑都が、専属シェフのもとで徹底した食事管理を行なっているのが有名だ。

そんな徹底した食事管理により、ここ数シーズン見違えるような活躍を見せているサッカー選手がいる。191センチの長身と強靭なフィジカルを武器に、セリエAでゴールを量産しているインテルのベルギー代表FWロメル・ルカクだ。2017年夏から2年間にわたってプレイしたマンチェスター・ユナイテッドでは、公式戦96試合に出場して42ゴール13アシストの活躍を見せたが、太り過ぎやそれによるキレの無さが指摘されることもしばしば。当時は体重が100キロを超えていたとの報道もあった。こういった状況もあってか、マンUでの旅は2019年夏に終了し、インテルへ移籍することとなった。

ただ、この移籍がルカクにとっては大きな転機に。イタリア代表時代にピザやパスタを禁止したり、チェルシー時代に厳しい食事のルールを設けたり、食事制限にうるさいことで有名なアントニオ・コンテ監督との出会いもあり、自身初のイタリア挑戦では食事をしっかりコントロールすることを決断したルカク。これが功を奏し、現在の彼の身体はこれ以上ないほど仕上がっているように思う。それが目に見える結果にも現れており、昨季は公式戦51試合に出場して34ゴール6アシスト(リーグ戦は36試合23ゴール2アシスト)。インテル2年目となる今季もここまで公式戦33試合に出場して24ゴール7アシスト(リーグ戦は25試合18ゴール7アシスト)を記録しており、昨季を上回るペースでゴールを奪っているのだ。

そんなルカクが普段の食事で実際に何を行なっているのか。クラブの栄養管理士とともに出演したクラブの公式podcast内で次のように明かしていた。

「インテルへ来たとき、自分の身体を分析した。そこから多くのことが変わったんだ。僕はサラダや魚をたくさん食べるようになった。これが大きな影響をもたらしてくれたよ。L-カルチニンやビタミンのサプリメントも摂ったりしているね。僕の食事はサラダやたくさんの鶏の胸肉、しらたきのパスタで構成されている。ほとんどこんな感じだよ。だって、僕は試合で活躍するために、非常に強い肉体を手に入れなければならないからね」

「この生活を続けてきたおかげで、ピッチでの調子はこれまでよりもはるかに良くなり、反応速度も速くなったよ。僕はいつだって強い選手だったけど、どの国へ行っても体重に注目されてきた。ただ、イタリアは僕をさらに上のレベルへと引き上げてくれた。これほど強さを感じたことはないね。肉体的にも、精神的にもまた一歩上のレベルへ行けたと思う」

さらに、試合前後には多少炭水化物を摂取する例外もあるようだが、「歳を重ねるにつれて、水分補給や睡眠がとても大切になっている」や「スタジアムや特別な食堂で飲食したりもするけど、家から食べ物を持ってきたりもするよ」などとも明かしており、様々な点に気を使いながら日々を過ごしている模様。ルカクのイタリアでの飛躍は偶然などではなく、こういった日ごろからの努力の賜物だった。やはりアスリートにとって、食事の管理は活躍する上で非常に重要な要素の1つだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ