クロースやゲッツェにも比肩する才能 ドイツで“16歳”の神童が暴れ出す

ドルトムントで頭角を現すムココ photo/Getty Images

フンメルスもメロメロとなるほどの逸材

かねてよりドイツ・ブンデスリーガは優秀な若手選手を数多く輩出するリーグだったが、今季も同リーグからはその将来が楽しみなティーンエイジャーが数多く躍動している。バイエルン・ミュンヘンのMFジャマール・ムシアラ(17)やレヴァークーゼンのMFフロリアン・ヴィルツ(17)など、期待感溢れる10代戦士は少なくない。

しかし、そんな中でも一際目を引くのはドルトムントのFWユスファ・ムココ(16)だろう。昨年11月に行われたリーグ戦第8節のヘルタ・ベルリン戦でトップチームデビューを果たすと、翌12月の第13節ウニオン・ベルリン戦ではブンデス最年少記録(16歳28日)となる得点も決めてみせた神童ストライカー。前評判は高かったものの、まだ16歳の若者がここまで早く結果を出したことに驚いているファンは多いはずだ。

そんな無限の可能性を秘めるムココには、チームメイトもメロメロとなっているようだ。ドルトムントの守備陣を統率するDFマッツ・フンメルスは、これまで自身が見てきた選手の中でも彼の才能はトップクラスだと独『Sport Bild』へ次のように語っている。

「ユスファはまだ16歳のプレイヤーだが、本当に上手にプレイするんだ。私はトニ・クロースが16歳の時もそのプレイを見た。マリオ・ゲッツェとクリスティアン・プリシッチも同様にね。だが、ユスファは同じ年代の彼らと比べても、最高の一人だと思うよ。アーリング(・ハーランド)は相手の背後に抜け出して仕事を完結させるが、彼も似ているところがある。ユスファ、アーリング、ジュード(・ベリンガム)といった若い選手たちは、本当にピッチ上での決断が早い。勝つために何をすべきかを知っている選手たちだね」

とても16歳とは思えぬ判断力をムココは備えているとフンメルス。はたしてその言葉通り、このティーンエイジャーはいずれドイツを代表するストライカーへと成長を遂げていくのだろうか。各方面から「モノが違う」との声が絶えないドルトムントの神童。今後のワールドクラス化には大いに期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ