ファティに続くヤングスター アメリカ期待の19歳FWが魅せる圧巻の能力[映像アリ]

バルセロナで技を磨くコンラッド・デ・ラ・フエンテ photo/Getty Images

トップチームで出番を増やしたい

今季のバルセロナでは若手の活躍が注目を集めており、前線では17歳のFWアンス・ファティが一気にブレイクした。現在ファティは負傷離脱しているものの、復帰すれば左のウイングを自分のポジションにしてしまうだろう。

そのファティに続けるだろうか。同じウイングでは、もう1人注目の若手がいる。アメリカ期待の星として奮闘する19歳のFWコンラッド・デ・ラ・フエンテだ。

11月24日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節のディナモ・キエフ戦でトップチームデビューを果たしたコンラッド・デ・ラ・フエンテは、まだバルセロナBを主戦場としている。しかしその能力はトップチームにふさわしいレベルにあり、下のカテゴリーでは止められないアタッカーとなりつつある。

29日にバルセロナBはクルブ・リェイダ・エスポルティウと対戦したが、そこでもフル出場したコンラッド・デ・ラ・フエンテは圧巻のパフォーマンスを披露。左サイドからドリブルで相手DFをごぼう抜きにするプレイもあれば、後半には強烈なシュートで決勝点も奪ってみせた。

バルセロナでは同じ19歳でアメリカ代表のDFセルジーニョ・デストも活躍しており、コンラッド・デ・ラ・フエンテとデストはアメリカサッカー界の期待を背負っている。バルセロナでアメリカ人選手が2人も活躍するなど、アメリカのサッカーファンにとっては夢のようなシナリオだ。



「ドリブルからのシュートが決まっていれば、プスカシュ賞候補の1つだった」

「若手を抱えるバルサの未来は明るい」

「クレイジーな才能だ」

SNS上ではこのようにコンラッド・デ・ラ・フエンテを称賛する声が多く出ており、このままバルセロナのトップチームに定着することが期待されている。問題は指揮官ロナルド・クーマンがチャンスを増やしてくれるかどうかだが、トップチームで試してみたい逸材なのは間違いない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ