ジョタの定位置奪取はまだ遠い? 「長い道のりが残されている」

リヴァプールのジョタ photo/Getty Images

フィルミーノの貢献を忘れるなとの意見が

ここまで素晴らしい活躍を披露しているリヴァプールのニューフェイスだが、なかなか序列交代とまではいかないのか。新天地で順調なスタートを切ったとはいえ、レギュラー確保までの道のりはまだまだ長い。好調を継続するポルトガル代表FWディオゴ・ジョタは、しばらくは現在の立ち位置をキープすることとなるかもしれない。

今夏ウォルバーハンプトンから加入し、加入後わずか10試合で早くも7得点を決めているジョタ。普段センターフォワードを務めているロベルト・フィルミーノが不調に陥っていることもあり、ここのところ同選手の出番は増えている。そんな時期での得点量産ということもあって、現地では今後ジョタとフィルミーノの序列が入れ替わる可能性について盛んに議論されている状況だ。

しかし、かつて数々のプレミアクラブを率いたハリー・レドナップ氏は、そう簡単にフィルミーノとジョタの立場が逆転するとは考えづらいとの見解を示している。現在のジョタが優れたパフォーマンスを披露しているのは事実だが、これまでフィルミーノが積み上げてきたものの価値は大きいと同氏は主張。ライバルが短期間に結果を残しただけで、ブラジル代表FWへの信頼が揺らぐことはないとレドナップ氏は英『THE Sun』へ次のように語る。

「最近はガリー・ネビルもフィルミーノこそがあのポジションで世界最高の選手だと言っていたね。私もそう思うよ。たしかにジョタは素晴らしい働きをしているけれど、それは今の時期だけかもしれない。これまで長くその役割をこなしてきたフィルミーノの素晴らしさを我々は知っている。ジョタがこのまま序列をひっくり返すようなことがあれば、私は非常に驚くよ。チームにとってはプラスなことだけどね。だけど、フィルミーノがこれまでしてきたことを考えれば、ジョタには長い道のりが残されていると思うんだ」

素晴らしい活躍を披露するも、しばらく序列の逆転はない可能性が高いとレドナップ氏。たしかにその信頼度を考えれば、フィルミーノを完全な控えに回すという選択肢を取るのは時期尚早か。シーズンを通してこの状況が続くようであれば考えものだが、まだシーズンは前半戦。レドナップ氏の意見も一理ある。

様々な意見が飛び交っているリヴァプールのCF問題だが、はたしてクロップ監督は今後どのような選択をしていくこととなるのだろうか。しばらくはジョタの先発起用で様子を見ることにもなりそうだが、フィルミーノの復活に期待しているファンもかなり多いはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ