コシェルニー、イブラ、そしてイニエスタ “30代半ば”でも輝くスターたち

ヴィッセル神戸のイニエスタ photo/Getty Images

年齢だけで判断すべきではないか

近年は10代の若手が続々と活躍するようになり、17歳や18歳の若さでワールドクラスの評価を得る者も出てきている。

しかし、ベテラン選手たちだってまだまだ頑張っている。どうしても若き新星にスポットライトが当たりがちだが、トップレベルで活躍を続けるベテラン選手のことも忘れるべきではない。

例えばボルドーでプレイする35歳のDFローラン・コシェルニーだ。

アーセナルを去ったコシェルニーのことを追いかけているファンはあまり多くないだろうが、今でもボルドーの最終ラインを束ねる実力者だ。今季も開幕から6試合連続でフル出場し、2勝3分1敗と貢献。この6試合では1失点しか許していない。

フランスで奮闘するセンターバックとしては、今なおポルトガル代表に選ばれているリール所属の36歳DFジョゼ・フォンテも忘れてはならない。

フォンテは開幕から全試合に先発しており、ヨーロッパリーグの方でも勝利に貢献している。派手さはないが、堅実な守備はクラブでも代表でも重宝されている。

ミランのイブラヒモビッチ photo/Getty Images

現在は負傷を抱えているが、マンチェスター・シティにとって欠かせないバランサーである35歳MFフェルナンジーニョも相変わらず評価が高い。

マンCは潤沢な資金力を武器にスター選手を集めているクラブだが、ベテランになってもフェルナンジーニョの重要性は変わっていない。緊急時にはセンターバックもこなすなどサッカーIQの高さには指揮官ジョゼップ・グアルディオラも惚れ込んでいる。

先日のバルセロナとのクラシコでアウトサイドシュートからネットを揺らしたレアル・マドリードMFルカ・モドリッチも元気いっぱいだ。

35歳になったものの、大きな衰えは見られない。テクニックはワールドクラスであり、好調時は1人で中盤を支配してしまうだけの実力を誇る。

また『90min』は、アジアからヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ(36)とアル・サッドMFサンティ・カソルラ(35)の名前も挙げている。

日本のサッカーファンがイニエスタのプレイに衝撃を受けたのは1度や2度ではなく、まだ欧州五大リーグでもプレイできる状態にあるはずだ。

カソルラもアル・サッドでは移籍後早々にネットを揺らすなど、欧州を離れるのが早すぎたのではとも言われている。

もちろんミランで活躍する38歳FWズラタン・イブラヒモビッチ、ユヴェントスの35歳FWクリスティアーノ・ロナウドのことも忘れてはならないが、2人は少し別格な鉄人枠といったところか。

こうして見ると、まだまだトップレベルで活躍しているベテラン選手は多い。30代半ばになれば引退を考える選手も増えるが、若者に負けない彼らはまだまだサッカーファンを楽しませてくれることだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ