DFリーダーのはずが…… マンU&イングランド代表の守備の要に批判が続出

デンマーク戦ではマグワイアが退場に photo/Getty Images

イングランド代表でもまずいプレイ

8000万ポンドもの移籍金でマンチェスター・ユナイテッドに加わったセンターバックに逆風が吹き荒れている。

昨夏レスター・シティからマンUへ移籍したDFハリー・マグワイアである。

今季も開幕からマグワイアには不安定なところがあり、チームも開幕から3試合で11失点も喫している。そんなマグワイアにとってさらなる悪夢となったのが、14日のデンマーク代表戦だ。

イングランド代表はUEFAネーションズリーグでデンマークと対戦し、最終ラインの要であるマグワイアも先発出場を果たした。

ところが、マグワイアは前半31分という早い時間で退場処分を受けてしまった。それも明らかに不要なタックルでの退場劇で、マグワイアのミスと言うしかない。

イングランドはその4分後にPKからクリスティアン・エリクセンに得点を許し、そのまま0-1で敗れてしまった。退場者が出た直後に失点したこともあり、マグワイアの印象はさらに悪くなってしまった。

英『Manchester Evening News』によれば、マンUサポーターからもマグワイアに厳しい意見が飛んでいるという。マンUは代表マッチウィーク明けの17日にニューカッスルと対戦するが、そこでマグワイアの先発を望まないサポーターが出てきているようなのだ。

「マグワイアは明らかな悪夢だ。ニューカッスル戦で彼を起用する道はない。トゥアンゼベを出すべき」

「良くないタッチにファウル、レッドカード。マグワイアの現在のフォームはニューカッスル戦のスタメンにふさわしくない」

「ニューカッスル戦ではベンチが妥当だ」

マグワイアはマンUへ加入する際の移籍金が高額だったこともあり、昨季より厳しい視線が向けられている。リヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイクにかかった移籍金が7500万ポンドだったため、8000万ポンドで移籍したマグワイアにはファン・ダイク級のパフォーマンスが求められているのだ。

まだ金額に見合うパフォーマンスは見せられていないが、マグワイアはマンUとイングランド代表サポーターの信頼を取り戻していけるのか。今はやや厳しい状況となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ