アーセナルを守る“オクトパス”となる 待望の大型MFパルティにかかる期待

アーセナルへ加わるパルティ photo/Getty Images

自身を動物に例えるならオクトパス

パトリック・ヴィエラの退団以降、アーセナルは常にヴィエラの後継者となるMFを探してきた。

ヴィエラはテクニック、パワー、サイズなどあらゆる武器を備えた超ワールドクラスのMFであり、簡単に後継者は見つからない。

しかし今夏にアトレティコ・マドリードから獲得されたMFトーマス・パルティには、そんなレジェンドへ近づくことが期待されている。

パルティはアーセナルが待ち望んでいた大型守備的MFでもあり、そのサイズ感や馬力がチームにどのような影響を与えるのか非常に興味深い。

英『Daily Mail』によると、パルティは自身のことをオクトパスと例えている。長いリーチを活かし、中盤でボールを奪い取る仕事を得意としているからだ。

「常に言っているけど、何か動物になるならオクトパスだ。僕はアルメリアにいた頃より、チームメイトからオクトパスと呼ばれてきた。タックルで多くのボールを奪ってきたからね」

その武器がプレミアリーグでも通用するならば、アーセナルの中盤は大きく変わるだろう。

またパルティは縦への推進力も評価されている選手だ。ダニ・セバージョスやグラニト・ジャカとは違うパワータイプのMFとしてかかる期待は大きい。

ヴィエラ級の活躍を求めるのは酷かもしれないが、それに近い仕事なら出来るかもしれない。ディエゴ・シメオネの下で鍛えられてきた守備力がアーセナルをどう変えるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ