失敗だったPSGでの4年間 今季も15分間しかプレイしていないFWの未来は

PSGのヘセ photo/Getty Images

忘れられた存在に

ネイマール、キリアン・ムバッペ、マウロ・イカルディ、アンヘル・ディ・マリアら一流のアタッカーが複数枚揃うパリ・サンジェルマンにて、すっかり影の薄い存在になってしまった者がいる。

今季リーグ・アン開幕節のRCランス戦で15分間のみプレイタイムが与えられた27歳FWヘセ・ロドリゲスである。

ヘセといえばレアル・マドリードのアカデミーで育ったアタッカーで、レアルでも印象的なパフォーマンスを見せていた。ところが2016年に移籍したパリでは状況が大きく変わり、レンタル移籍を繰り返すばかりのキャリアとなってしまった。

今夏にはエディンソン・カバーニがチームを離れたため、ヘセとしてはイカルディのバックアッパー役になりたいところだった。しかしパリはエヴァートンから若きイタリア人FWモイーズ・キーンを獲得。すでにキーンはチャンピオンズリーグの登録メンバーにも入っており、ヘセは外れてしまった。

スペイン『as』はキーンの加入によってヘセのチャンスは潰れたと見ており、次の移籍市場でパリから放出されることになりそうだ。指揮官トーマス・トゥヘルのプランに入り切れていないのは明らかで、出場機会を得るためには他クラブへ向かうしかないだろう。

2016年のパリ加入から4年。ヘセは怪我もあったが、結果だけを見れば移籍は失敗だったと言える。気付けば27歳と中堅世代となったが、ここから這い上がれるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ