プリシッチとレイナだけじゃない 大迫と共闘する20歳ストライカーへの注目

ブレーメンのサージェント photo/Getty Images

アメリカのスター候補

チェルシーのクリスティアン・プリシッチ、ドルトムントのジョバンニ・レイナを筆頭に、今のアメリカサッカー界には楽しみな逸材が揃っている。

同じ前線で注目したいのは彼らだけではない。大迫勇也が所属するブレーメンにも、楽しみなアメリカ人ストライカーがいる。

20歳のFWジョシュ・サージェントだ。

すでにA代表デビューも済ませているサージェントは、近いうちにアメリカサッカー界のスターになることが期待されている選手の1人だ。

ブレーメンは昨季残留争いに巻き込まれたが、ブレーメンにとっても新シーズンにサージェントが爆発してくれれば大きなプラスとなる。

『90min』も大迫、ニクラス・フュルクルク、ダヴィー・ゼルケ、ヨハネス・エッゲシュタインに加え、サージェントにも注目していくべきだと紹介している。

指揮官のフロリアン・コーフェルトも、サージェントの万能性を評価する。

「彼はウイングでもプレイでき、4-3-3のセンターフォワードもできる。4-4-2ならセカンドストライカーの位置も可能だ。彼はシーズンの終わりに上手くやっていた」

サージェントは2019-20シーズンのリーグ戦最終節のケルン戦で得点を決めており、最終的には4得点4アシストの成績を残している。

新シーズンはこれ以上の成績に期待したいところだが、サージェントはどこまで数字を伸ばせるのか。アメリカのサッカーファンも期待をかける若者に注目するのも悪くないだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ