アーセナルファンは“2年前”の衝撃忘れない 創造性をもたらせる逸材の未来

アーセナルのエミール・スミス・ロウ photo/Getty Images

プレシーズンでも印象的なプレイ披露

今季もアーセナルでは若手の躍動が目立ったが、最近のアーセナルにおける若手ブームの波が生まれ始めたのは2018年あたりではないか。

この年のプレシーズンには大きなサプライズがあった。現在20歳のMFエミール・スミス・ロウがアトレティコ・マドリードやパリ・サンジェルマン相手に好パフォーマンスを披露したのだ。

プレシーズンとはいえ、ビッグクラブ相手に結果を出したエミール・スミス・ロウは一気にアーセナルサポーターのハートを掴んだ。

あれから2年。今季はFWガブリエウ・マルティネッリ、ブカヨ・サカ、FWリース・ネルソン、MFジョー・ウィロックらの活躍もあり、ややエミール・スミス・ロウの印象は薄かった。

何よりレンタル移籍したライプツィヒで出番を確保できず、話題になる機会が少なかったのだ。

それでも才能は間違いない。今年1月からレンタル移籍したハダースフィールド・タウンでは2得点3アシストを記録するなど、まずまずの結果を残した。

英『Independent』によれば、エミール・スミス・ロウには今もモナコ、クリスタル・パレス、フラムなどが興味を示しているという。

レンタルで経験を積むのも1つの手だが、そろそろトップチームで見たいと考えているサポーターも多いはず。

特に今季のアーセナルはメスト・エジルの出番が増えなかったこともあり、創造性が不足しているとの指摘を受けていた。エミール・スミス・ロウは創造性をプラスできる選手で、チャンスを与えてみるのも面白い。

早くもプレシーズンのパフォーマンスはサポーターから評価されているようだが、クラブはエミール・スミス・ロウは今後どう育てていくのか。順調に育てばトップレベルのMFになるはずで、マルティネッリやサカにも負けぬスペシャルな才能を持つ若手と言えよう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ