サンチョの代わりにピッタリか マンUに勧められる“天才アタッカー”の獲得

バルセロナのデンベレ photo/Getty Images

リバウド氏がオススメ

マンチェスター・ユナイテッドがかねてより温めていた有能アタッカーの獲得だったが、どうやら実現の可能性は限りなく低いものとなってしまった。ドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョの今夏移籍は、どうやら実現しそうにない。

高額な移籍金の関係もあって、以前から獲得実現の可能性はそこまで高くないとの見方もあったこの取引。最近になってサンチョとドルトムントの契約が2023年までに更新されていたことが発覚するなど、マンUにとって逆風となる要素も増えてしまった。これでは撤退もやむなしと言えるだろう。

しかし、そうなればマンUはサンチョの代わりをどうするか。今季はマーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャル、メイソン・グリーンウッドの3トップが機能したが、来季チャンピオンズリーグに出場することを考えれば主力級のFWはもう一人欲しいところだ。

そんな状況でマンUにアドバイスを送るのは、かつてバルセロナなどでプレイした元ブラジル代表MFリバウド氏。英『Betfair』のインタビューに対して、同氏は古巣でなかなか出場機会を得られていない23歳が、サンチョの代替候補を探す赤い悪魔にフィットするかもしれないと次のように語っている。

「ユナイテッドはサンチョとのサインに苦労したが、現在はデンベレに興味を持っている。彼らにとっては良い選択肢となるだろうね。非常にスピードがある選手だし、私はプレミアでも活躍できると思っているよ」

リバウド氏がマンUに勧めたのはウスマン・デンベレだ。怪我でなかなか出場機会を掴めていないが、その才能が一級品であることは間違いない。バルセロナも今夏の売却を希望しているとされるだけに、マンUにとっては狙い目な選手と言えるだろう。

サンチョの獲得断念が濃厚なマンUだが、はたして最終的にはどんな選手を前線に加えてくることになるか。デンベレも含め、あらゆる可能性を模索したいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ