C・ロナウド、インモービレをも超える “69分に1ゴール”の衝撃スーパーサブ

アタランタのムリエル(左) photo/Getty Images

圧巻の得点ペースに世界が衝撃

今季のセリエAではラツィオFWチーロ・インモービレとユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドが激しい得点王争いを展開し、最終的にはインモービレが36得点と見事な成績を残して得点王のタイトルを獲得。

プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラに続く得点王を狙ったロナウドは惜しくも31得点でフィニッシュすることとなった。

インモービレは88分に1得点、ロナウドは94分に1得点のペースでネットを揺らしており、2人がどれだけハイペースでゴールを決めていたかが分かる。

しかし、今季のセリエAには2人を上回る圧巻の得点ペースを記録した男がいた。すっかりスーパーサブとして人気となったアタランタFWルイス・ムリエルである。

その得点ペースは69分に1得点となっており、今季リーグ戦では18得点を記録した。ムリエルの場合は途中出場が多いため、たった1245分しかプレイタイムを与えられていない。その限られた時間で18点も挙げたのは見事と言うしかない。

同じアタランタではFWドゥバン・サパタも18得点を挙げているが、こちらは2036分間プレイしている。よって得点ペースは113分に1点だ。

インテルFWロメル・ルカク(130分に1点)、ローマFWエディン・ジェコ(178分に1点)など、ビッグクラブのエースもムリエルには歯が立たない。

スタメンを確保していない選手の評価は伸び悩むことが多いが、それはムリエルには当てはまらないだろう。現世界最高クラスのスーパーサブFWとして、今季は特別な称賛を得るシーズンとなっている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ