28本蹴って“26ゴール” マンUの救世主は約2年間PKを外していない

PKを蹴るフェルナンデス photo/Getty Images

最後に外したのは……

アントニー・マルシャルやマーカス・ラッシュフォードら前線にスピード豊かなアタッカーを揃えるマンチェスター・ユナイテッドは、彼らの仕掛けからPKを獲得する機会も多い。

問題は、そのPKを誰が決めるかだった。一時期マンUではPK失敗が目立つと言われていたのだが、ようやくその問題を解消する人物が現れた。

今冬にスポルティング・リスボンから加わったMFブルーノ・フェルナンデスである。

フェルナンデスへの大絶賛が止まらない状態となっているが、PKも同じだ。冷静沈着なフェルナンデスはPKも得意としている。

英『Daily Star』によると、フェルナンデスが最後にPKを外したのは2018年の10月のこと。ポルトガル国内リーグのカップ戦にて、GKミゲル・ソアレスにストップされている。

ソアレスは当時のPKストップを誇りに思っているようで、今でもフェルナンデスのファンなのだとか。プレミアリーグでもPKの成功を続けてほしいと語っている。

「当時のストップは素晴らしい瞬間だった。止めることができたのは、左への小さな動きを入れたから。ブルーノはPKでGKのことをよく見ているから、私も同じことをした。左へ飛ぶ動きを見せ、そこから右へ動いたんだ。出来るだけ判断に時間をかけさせたかったし、簡単に蹴らせたくはなかった。プレミアリーグでもブルーノにはPKを決め続けてほしいね」

フェルナンデスはプロになってから28本のPKを蹴り、そのうち26本を沈めている。マンUはPKキッカーのチョイスに悩んでいたところがあったが、ひとまずブルーノに決定でいいだろう。

ポール・ポグバとの連携、テクニック、得点力、そしてPKの技術と、フェルナンデスの評価は上がり続けている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ