バルセロナに勧められる左SB補強 提案される“5名”の候補とは

バイエルンのアラバ photo/Getty Images

J・アルバの影響力に翳り

バルセロナの左サイドバックには補強が必要だ。昨今、スペインではこんな意見が目立っている。一体なぜか。今季、これまで長く同ポジションを務めてきたDFジョルディ・アルバのパフォーマンスが思わしくなく、彼もすでに31歳とベテランの領域に足を踏み入れているためだ。

かねてよりこの懸念はあったため、昨夏にはベティスから若いジュニオール・フィルポも補強していたバルセロナ。しかし、この23歳もいまだチームにフィットしているとは言い難い。そんな状況もあり、周囲が新たな選手を獲得せよと叫ぶのも無理はないだろう。

そうなれば、バルセロナはどんな選手をチームに迎え入れるべきなのか。英『sports keeda』はオススメの5名を選定し、バルセロナに獲得を促している。

・ダビド・アラバ(バイエルン・ミュンヘン/28歳)


1人目はすでにワールドクラスの左SBとして評価を確立しているアラバだ。長くバイエルンで活躍してきた同選手だが、今夏にはステップアップの可能性も噂されている。SBだけでなく、中盤やセンターバックとしてもプレイ可能なユーティリティ性も魅力的だ。彼を獲得できれば、バルセロナにとって理想の補強となるだろう。

・ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント/26歳)


次に候補として推されたのはドルトムントのゲレイロ。左SBとしては少々攻撃的すぎる選手かもしれないが、彼ほどの積極性がなければJ・アルバの代役は務まらないと同メディアは主張している。ドルトムントが手放すかどうかは怪しいところでこそあるものの、優秀な選手であることは間違いない。

バルサ下部組織出身のグリマルド photo/Getty Images

・ファン・ベルナト(パリ・サンジェルマン/27歳)


3人目はPSGのベルナト。バルセロナが危険を犯さずに左SBの補強を遂行したいのならば、最も理想的な選択肢。同メディアは彼をそう評している。アラバやゲレイロほどのインパクトがあるわけではないものの、一定レベルの実力者を確実に確保したいのならば確かにベルナトはリストの最上位に入ってくるかもしれない。

・ホセ・ガヤ(バレンシア/25歳)


4人目はJ・アルバの古巣であるバレンシアからガヤが選ばれた。J・アルバほどのスピードはないものの、確実に仕事を完遂する同選手。リーガでの経験値を重視するのであれば、彼ほどの選手は他にいないか。1対1における強さもバルセロナのSBには必要な能力だけに、ガヤはかなりフィットするかもしれない。

・アレハンドロ・グリマルド(ベンフィカ/24歳)


最後はベンフィカのグリマルドだ。カンテラ出身の選手で、ブラウグラナのサッカーを熟知している24歳。今回の候補の中では最も若いことも併せて、同メディアは彼の獲得を猛プッシュしている。足元の技術は折り紙付きで、プレイスキックの精度も抜群の逸材。過去にはルイス・エンリケ元監督と衝突したこともあるが、バルサを離れて4年半の時間が経過した今ではしがらみもないか。

現時点では、この他にユヴェントスのマッティア・デ・シリオを獲得するとの噂もあるバルセロナ。はたして、今夏彼らはどんな左SBを確保しに動くのだろうか。勝負は早めに仕掛けたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ