“100%”の優勝請負人 キャリア8年間全てリーグ制覇している男がいた

今季もバイエルンでリーグ優勝を果たしたコマン photo/Getty Images

バイエルンの若きアタッカー

サッカー選手にとってリーグタイトル獲得というのは大きな夢だろう。それが世界最高峰と謳われる欧州5大リーグでのものとならば、その喜びは何倍に膨れ上がるはず。キャリアを通して一度でいいから経験してみたいという選手も多いだろう。

しかし、そんな特別な体験を毎年のように味わっている選手がいるのをご存知だろうか。英『Squawka』によると、なんとその選手はプロデビューを果たして以来8年間のキャリアで、一度たりともリーグ優勝を逃したことがないのだという。

その選手は現在バイエルン・ミュンヘンでプレイしているキングスレイ・コマンだ。2013年にパリ・サンジェルマンでプロデビューを果たした同選手は2012-13シーズン、そして翌2013-14シーズンにリーグ・アンのタイトルを2季連続で獲得すると、ユヴェントスへ移籍した2014-15シーズンもセリエAでリーグタイトルを手にしている。その後は2015-16シーズンにバイエルンへと活躍の場を移し、今季までチームの優勝に5シーズン連続で貢献。改めて振り返ってみると、本当にリーグ優勝を逃したシーズンがないのだ。

まだ16歳だったデビューシーズンから24歳となった今まで、トップ以外でシーズンを終えた経験がないコマン。もちろん、元から強かったチームに加入していることや、このうち何シーズンかは主力として活躍していない時期もある。しかし、それらを踏まえても達成が困難な記録であることに違いはないだろう。かなりユニークなデータと言えるのではないだろうか。

欧州5大リーグにひっそりと存在した若き優勝請負人。はたして、このコマンの珍記録はいつまで更新され続けるのだろうか。キャリアを終える時まで優勝しか知らないなんて選手が誕生すればかなり面白い。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ