指揮官交代で最も恩恵受けた男? マンUで逆襲果たす24歳FW

マンUのマルシャル photo/Getty Images

ファーディナンド氏が主張

指揮官交代から1年半ほどの時間が経過したが、マンチェスター・ユナイテッドにようやくその効果が出始めた。赤い悪魔の勢いは止まらない。

2018年の12月にジョゼ・モウリーニョ前監督を解任し、オーレ・グンナー・スールシャール体制へと移行したマンU。少し我慢の時期こそ続いたものの、スールシャール監督は着実に自分が理想とするスカッドを構築し続けてきた。今冬MFブルーノ・フェルナンデスを獲得したことによってその完成度はかなり高くなり、今季後半戦は怒涛の勢いで勝ち点を積み上げている。

そんなスールシャール監督の歩みだが、この指揮官がチームを率いるようになったことで最も恩恵を受けた選手は誰か。クラブOBのリオ・ファーディナンド氏が挙げるのはFWアントニー・マルシャルだ。モウリーニョ監督時代には指揮官との衝突が報じられていた同選手。彼こそが指揮官交代を最も有効活用したと、ファーディナンド氏は『BT Sport』へ次のように語る。

「マルシャルはモウリーニョの解任で気持ちをリセットすることができたね。ズラタン・イブラヒモビッチが来たことで彼は一時9番のシャツを失った。断言はできないが、それは選手のメンタルに相当なダメージを与えるはずだよ。彼はシャドーストライカー。最後の6ヤードで真価を発揮しゴールを奪う。そして、周囲を活かすことも可能だ。今は自分がやりたいことが全てできているね」

「これはマルシャルのキャリア初期に我々が目にしたものだ。ドリブルはワールドクラスだし、彼は全身から変わったのさ。スールシャーも彼のことを信頼しているように見える。選手としてのレベルがどうであっても、自分の能力を発揮できるようにするには監督からの信頼が必要なんだ」

モウリーニョ政権時は屈辱も味わったが、今では見事その頃の苦い思い出を払拭するほどの活躍を披露しているマルシャル。やはり、監督と合う合わないは選手にとってかなり大きなことか。スールシャール体制に移行したことで、マルシャルは飛躍のキッカケを掴んでいる。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ