史上最高額GKが“ワースト1位”の衝撃 セービング率で見るGKランキング

チェルシーのアリサバラガ photo/Getty Images

悩める若き守護神

攻撃陣を中心に新シーズンへ向けて着々と戦力を整えているチェルシーだが、サポーターが気にかけているのは最後方のポジションではないだろうか。

今季何かと話題を集めてきたのがGK問題だ。2018年夏にアスレティック・ビルバオからケパ・アリサバラガを獲得したのだが、思うような活躍ができていない。

チェルシーは獲得に7200万ポンドもの移籍金を費やしたのだが、パフォーマンスはその金額に見合うものではない。

データサイト『FBREF.com』によれば、今季プレミアリーグでのアリサバラガのセービング率は56.5%だ。

この56.5%という数字は今季のプレミアリーグではワーストとなっている。最も良い成績を残しているのが77.6%でアーセナルのベルント・レノ、それに続くのがリヴァプールのアリソン・ベッカー(77.1%)となっており、アリサバラガとは数字に大きな差がついている。

チェルシーはすでに新GK探しに動いているとも言われており、新シーズンへ守護神を固めることも重要なミッションだ。

英『GIVE ME SPORT』はセービング率第2位のアリソンがリヴァプールに与えた影響を考えれば、守護神探しが極めて重要なものになると伝えている。攻撃陣はかなり豪華になってきているが、来季チェルシーのゴールを守るのは誰か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ