日本人選手が“2人”もランクインした U-19ゴール関与ランクTOP20

トゥエンテで奮闘した中村 photo/Getty Images

久保に続いてもう1人ランクイン

今欧州サッカー界を騒がせているのが、驚異的な才能を持つU-19プレイヤーたちだ。

今や19歳は単なる若手ではない。欧州五大リーグにて主力級の活躍を続ける猛者たちが続々と出てきているのだ。

それは日本人選手も変わらない。『Transfermarkt』は『今季のU-19ゴール関与ランキング」を作成しているが、そのTOP20に日本人選手も2人ランクインしている。

もちろん1人はマジョルカのMF久保建英。ここまでリーガ・エスパニョーラにて4得点5アシストの成績を残しており、合計すると9ゴールに深く関与してきたことになる。これはU-19プレイヤーの中では10番目に多い数字だ。

ちなみにレアル・マドリードFWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ・ゴエスも同じ9ゴール関与となっており、久保は決して彼らに負けていない。

そしてもう1人。今季オランダのトゥエンテでプレイしていた19歳FW中村敬斗が6得点1アシストの計7ゴール関与で18位に入っている。

中村は左サイドからカットインしてゴールを狙うパターンが自身の中で確立されており、他の武器も身に着けることができれば得点数は伸びてくるはず。6月にはベルギーのシント・トロイデンにレンタル移籍することが発表され、ここでの大ブレイクに期待だ。

ランキングTOP5は、PSVの18歳MFモハメド・イハッタレン(16ゴール関与)、4位マンチェスター・ユナイテッドFWメイソン・グリーンウッド(21ゴール関与)、3位ザルツブルクMFドミニク・ショボスライ(30ゴール関与)、2位AZのFWマイロン・ボアドゥ(33ゴール関与)。

そして1位は説明するまでもなくドルトムントFWアーリング・ハーランドだ。ザルツブルクでプレイしていた時と合わせると、今季だけで54ゴールに関与している。得点部分においてハーランドに敵うU-19組は見当たらない。

久保、中村も負けじと彼らについていけるのか。この中から未来のスーパースターが出てくるのは間違いない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ