最後に揃った“ハンパない”攻撃トリオ 大迫勇也を支えるハイタワーと爆速FW

戻ってきたフュルクルク photo/Getty Images

ブレーメンを救う攻撃陣

終盤に意地を見せ、大迫勇也らのゴールで順位を16位まで上げたブレーメン。まだ2部3位ハイデンハイムとの入れ替え戦が残っているが、絶望的な状況から自動降格を避けたことは称賛されるべきだろう。

最終節ではケルンを6-1で粉砕することになり、そこで2ゴールと活躍した大迫の働きも見事だった。

しかし、ブレーメン必死の猛反撃の理由はそれだけではない。独『Rotenburger Rundschau』が注目したのは、復活した前線トリオだ。

今季開幕直後、大迫と一緒にブレーメンで快調な滑り出しを見せたのが189cmの大型FWニクラス・フュルクルクだった。開幕4試合で2ゴール1アシストと結果を出し、チームにとって大きな戦力となっていた。

ところが、フュルクルクはそこから怪我で長期離脱してしまう。戻ってきたのは6月13日のパーダーボルン戦で、ブレーメンはずっと前線のターゲットマンを欠いたまま戦う格好となっていたのだ。

同メディアは大迫、フュルクルク、そして今季ブレイクした若手FWミロト・ラシカの前線トリオのおかげで16位浮上が実現したとの見方を示している。フュルクルクはまだ100%フィットしているわけではないが、降格を避けるうえで大型FWは欠かせない。

スピードを活かしたダイナミックな攻撃が持ち味のラシカ、滑らかなテクニックを備えると同メディアから評価される大迫、そしてサイズを提供するフュルクルク。バランス的にもこのトリオは悪くない。

実はラシカが開幕から怪我がちだったため、今季このトリオが同時にピッチに立つのは6月が初めてのことだった。ようやく揃った前線トリオの勢いでこのまま残留を決められるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ