C・ロナウドなら一発退場!? 押し倒してもイエローさえ出ないメッシに疑問も

何かと揉めたバルセロナVSセビージャ photo/Getty Images

ロナウドファンから不公平との意見も

0-0の展開にフラストレーションが溜まっていたのか、19日のセビージャ戦にてバルセロナFWリオネル・メッシが激昂してセビージャDFディエゴ・カルロスを突き飛ばすシーンがあった。

カルロスのリアクションがオーバーだったのも事実だが、メッシがカルロスの胸辺りを押したのも事実だ。危険な行為としてメッシにイエローカードを出してもよかったかもしれない。

しかし、主審からのお咎めはなし。メッシにもカルロスにもカードは提示されぬままゲームは進行した。

この一件に納得いかないのが永遠のライバルでもあるクリスティアーノ・ロナウドのファンたちだ。

英『GIVE ME SPORT』がロナウドファンたちによる怒りのツイートを紹介しているが、ロナウドがメッシと同じことをすれば退場処分になっていたはずなんて意見も挙がっている。イエローすら出なかったことに納得がいかないのだろう。

「セルヒオ・ラモスかロナウドらがやればレッドだ。だけどメッシにはイエローすら出ない」

「これがロナウドだとイメージしてみるといい。おそらく彼はレッドカードを喰らっていただろう」

「メッシに対してはルールが変わる」

「クリスティアーノは相手の髪の毛に触ってアンフェアなレッドをもらっている。メッシは世界で最も守られている選手だ」



ここで言われている髪の毛の一件とは、昨季のチャンピオンズリーグ・バレンシア戦のことだろう。ユヴェントスFWロナウドは相手選手と交錯して倒れ、その際に相手選手の髪の毛を掴むような行為をして退場処分となっている。

この時も判定が厳しすぎるとの声が挙がっていたが、ロナウドファンとしては今回のメッシの一件に納得いかなかったか。

・ロナウドが退場した場面



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ