ミルナーも驚く南野拓実の変貌 落ち着き取り戻したサムライにかかる期待

リヴァプールの南野 photo/Getty Images

中断期間は悪影響ばかりでない

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い長く中断が続いていた欧州各リーグ。この中断期間が発生した関係で、現在は様々な場所にその影響が生じている。なかでも注目すべきは選手のコンディションか。長期間トレーニングを積めない状況が続いていたところから突然の再開とあって、負傷者の数が大幅に増えているのだ。中断期間を挟んだことにより、選手はかなり不安を抱えていることだろう。

しかし、なかにはこの中断期間をうまく利用した選手もいる。リヴァプールに所属するMFジェイムズ・ミルナーはチームメイトのサムライもそのうちの一人だと話す。日本代表FW南野拓実はこの中断期間にかなり良い時間を過ごすことができたようだ。

「タキ(南野の愛称)は戻ってきてからとても素晴らしいように見えるよ。この中断期間は彼が落ち着くのを助けたかもしれない。今の彼は実際よりも長くチームにいるみたいだよ。物事に慣れるために十分な時間がタキには与えられたんだ。以前とは見違えるようだね」

「シーズンの途中から加入し、そのスタイルにフィットするのは簡単なことではない。3日ごとに試合がある場合は尚更だね。でも、この期間は彼に取って間違いなく大きな助けとなった。うまくいけば、タキは大きなインパクトを残せると思うよ」

ミルナーがこのように語ったことを英『Daily Mail』が伝えている。今冬リヴァプールに加入したばかりの南野。シーズン途中に合流したこともあり、なかなかチームにフィットしきれない時間が続いていたが、この中断期間が彼に落ち着きをもたらしたとミルナーは感じているようだ。実際、先日行われたブラックバーンとの練習試合で南野は1ゴール1アシストの活躍を披露している。

加入してからなかなか結果が出ずに焦っていたであろう南野だが、落ち着きを取り戻したことで大爆発するための準備は整ったか。まずは初ゴールを奪い、勢いに乗りたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ